法人向けの材質について | 4000種類以上の組み合わせから最適の1つを!

文字サイズ小さく元に戻す大きく
***
***
***

材質について(法人印鑑用)

ごく最近までは、印鑑に使用されている素材の種類は柘等の木材系から高級品の象牙まで数種類しか取り扱いがありませんでした。

しかし最近では地球の環境保護の観点等からエコ印材を始め様々な種類の素材が印材として用いられるようになってきました。

当サイトでも天然木を使用した木材系の印材、水牛の角等を使用した印材、木材を元に樹脂と合成して作られたエコ印材等多数の印材を取り揃えております。

こだわり弊社では仕入れた印材をチェックして、充分な品質と認められる印材のみ使用しております。不適格と判断した印材は使用いたしません。

***
開運について 捺印の仕方 書体について サイズについて 旧字・異体字について 個人の材質について ***

印材比較

***

「評価基準の詳細について」を表示

※丸天丸タイプのサヤについて

  • 丸天丸タイプの印鑑には、印材と同材質のサヤを無料サービスにてお付けしております。
  • サヤは乾燥など湿度に応じて収縮しますので、ある程度余裕を持たせております。
    印材を持ち上げる際に、サヤが落ちても不良品ではありません。
  • 収縮によりサヤが外れなくなる場合や入らなくなる場合がありますので保管場所には気をつけてください。
  • サヤが抜けなくなってしまった場合には、湿らせたティッシュをフタ部分に巻いて、冷蔵庫などの涼しいところに数時間放置して頂くと外れやすくなります。
  • 寒暖の激しい場所での使用やサヤの取り外しがしづらくなってきた場合には、保管時にもサヤを使わずにご利用頂くと安心です。
  • サヤに関しては、保守・保証の対象外となっております。予めご了承ください。

木材系

柘(つげ)

別名を「アカネ」と言い、繊維が緻密で硬さと粘りを持っています。 捺印性もよく、手入れを行うことで末永く使えるコストパフォーマンスの高い材質です。


詳細はこちら

柘の中でも鹿児島県産の原木から作られた品質の高いものです。一般の柘より更に繊維の密度が高く粘り強い材質で、柘独特の美しい木目をご堪能いただけます。


詳細はこちら

天然木(真樺)と樹脂を高圧加熱処理することによって作り出されたエコ印材です。狂いや歪み・ひび割れが極端に少なく、天然木の美しい木目が特徴です。


詳細はこちら
彩樺(さいか)

天然木(真樺)と樹脂を高圧加熱処理することによって作り出されたエコ印材です。狂いや歪み・ひび割れが極端に少なく、シックなダーク調の木目が特徴です。


詳細はこちら
屋久杉

世界自然遺産・屋久島に生える杉材です。天然の屋久杉は保護の対象となっており伐採はされていませんが、土埋木と呼ばれる材料は高級材として流通しています。


詳細はこちら
***

水牛系・象牙系・その他

黒水牛芯持(くろすいぎゅうしんもち)

水牛の黒い角を加工した定番印材です。「芯持」と言われる角の中心部分のみを使用しておりますので 歪みやひび割れが少なく耐久性の高い印材です。


詳細はこちら
オランダ水牛色上芯持(おらんだすいぎゅういろじょうとくせんしんもち)

オランダ水牛の角を使用した高級印材になります。 「ふ」と呼ばれる茶色の模様が印材に入っている物の中では最高級のランクの印材です。


詳細はこちら
オランダ水牛純白芯持(おらんだすいぎゅうじゅんぱくとくせんしんもち)

オランダ水牛でも非常に希少性が高い印材です。「純白」とは色合いのことではなく、「ふ」と呼ばれる茶色の模様が殆ど入ってないことを指します。


詳細はこちら
***

その他

チタン

チタンは強度に優れる一方で非常に軽量な金属で、耐食性や耐熱性にも優れており様々な分野で利用されています。最近注目の印材です。


詳細はこちら
***

ページトップ ***

お問い合わせ サイトマップ
印鑑 ゴム印
ページトップへ
お気に入りに追加
ページトップへ 買い物カゴ