象牙横目日輪について | 4000種類以上の組み合わせから最適の1つを!

文字サイズ小さく元に戻す大きく
***
***
***

象牙横目日輪-天然植物系の美しい木目

通常縦に切り抜いて加工する象牙印材を中心部分を横に切り抜いて加工することで木の年輪のような模様が入るプレミア度の高い部分を横目日輪と呼びます。 横目日輪は全ての象牙の中からとれるものではなく、美しい太陽のような模様のものは極めて希少性の高い部位でございます。 横に切り抜いて加工する関係上、芯の強度を保つために枠部分を通常より太く作成しております。
象牙横目日輪の種類

お手入れはこまめに

象牙横目日輪の木から切り出した木材は黄色がかっていて木目が細かいのが特徴で、そのためキメの細かい表面の美しさと粘り強さ、捺印性の良さを生みます。ただし朱肉の油が染みこむと劣化して耐久性が落ちてしまうため、使用後は朱肉をきちんとふきとると長く使用することができます。
***

印材比較

※印材画像をクリックすると各印材のチャート図を表示・比較することができます。

***

「評価基準の詳細について」を表示

他の印材の詳細についてはこちらから

柘 薩摩本柘 黒檀 彩樺 黒彩樺 楓 アグニ オノオレカンバ 屋久杉 黒水牛上芯持 黒水牛染無芯持 黒水牛芯持丹入り 牛角色上芯持 牛角純白芯持 琥珀 象牙上 象牙特上 チタン 粒界チタン カーボンチタン 貴石・水晶系 いろどりはんこ

ページトップ ***

インフォメーション

インフォメーション1 インフォメーション2 ***

ページトップ ***

お問い合わせ サイトマップ
***
ゴム印 シャチハタ
ページトップへ
お気に入りに追加
ページトップへ 買い物カゴ