楷書体とは

読みやすく使い勝手が良い

印鑑に使われる書体の内、最も一般的に認知度が高く馴染みがあるのが楷書体です。この書体はワープロなどでも一般的に用意されているほど良く知られている書体で、すっきりとして読みやすく男性でも女性でも使い勝手が良い字体になっている上、見た目にも優しくきれいな印象がありますので、認印としてよく用いられています。

一方でこの書体には崩しがはいっていないので可読性が高く、ひと目で誰の印鑑か判別できます。複製も比較的簡単な部類に入ります。銀行印や会社印、実印といった重要な書類に押印することの多い印鑑の書体としてはあまりお奨めはできません。

大場
大場

基本的に三文判のように同じ印影のものが多数ある印鑑でなければ、大きさや記載内容などの条件をクリアしていれば実印としても十分に使うことはできます。なので、楷書体などの読みやすい字体の印鑑が作りたいという場合には、製作した印鑑の管理をより心がけて問題が発生しないよう注意したいですね。

登録用印鑑としては扱いの注意が必要。

印相体以外の書体には得てして言えることですが、印鑑はふちの枠が割れやすいつくりになっています。ただでさえ細い線で囲まれている上、落としたときに最も床にぶつかりやすい部分ですので無理はありませんが、印相体の場合には枠が文字と接触しているため、多少強度が強くなっています。一方、他の字体は枠が独立していますので、どうしても衝撃が集中して壊れやすくなっており、扱いには十分な注意が必要です。

なお、欠けや破損がある印鑑は、実印や銀行印などで使用することを認められないこともありますので、登録するときには十分注意が必要です。登録後も何らかの事情で枠が欠けたりして印影が変わったときには、速やかに新たな印鑑で登録しなおさなければなりません。楷書体は文字の一部が細い線で構成されているところがたくさんあり、特に壊れやすい部類に入りますので注意が必要です。

きっちりとした印象の字体ですので、耐久性の強い印材を使用すればビジネスでも十分に使うことができます。印影も綺麗に出やすい文字ですので頻繁に使用する認印としても便利です。

大場
大場

一口に楷書体といっても、文字の大きさや文字数などによって見た目の印象は結構違います。実際に彫ってもらう前に一度確認できるようなサービスがあれば、それも利用してみるのがオススメ。文字を崩さないので、一行で文字数が多い場合には読みづらくなりがちです。字数の多い名前の場合にはバランスを考えましょう。

下記のリンクから実際に自分で入力した内容で楷書体ほか各種の書体の印影プレビューを無料で作ることができます。まずお試しになってみてはいかがでしょうか。