行書体とは

読みやすさと流麗さ

行書体は楷書体を崩した字体で、一見書道の筆で書かれたような線の幅のメリハリがあり、流れるような文字が魅力です。優しい印象の字体ですので特に女性に好まれますが、読みやすく複製もしやすいため、実印や銀行印には向いているとはいえません。

作成上の注意

行書体ではあまり横幅のある文字にすることができませんので、文字数が多いと読みにくくなる可能性があります。また、認印でよく使われる隷書体や楷書体と比べると文字の線の幅が細いところが多いため、衝撃を与えた時に欠けやすいという問題もあります。しかし、多くの人が見なれている字体で、三文判で使われるような単調な文字にはなりませんので、認印の中でもやや特別なときに使用するような印鑑にも使える字体です。

この書体を使用する場合は繊細な彫刻になりますので、印材は手彫りであれば硬さや粘りのある象牙や水牛などがよいでしょう。天然石の中でも、硬度が低いものやひびが多いものなど、どちらかというと観賞用に使用される印材は避けた方が無難です。

大場
大場

機械彫りであれば、金属のように硬く変質しにくい印材でもこの書体で印鑑を作ることができます。印影が鮮明に出やすい印材を使うほど行書体の優美な文字がきれいに映えますので、材質選びにも注意しましょう。日本らしい字体ですので、華やかなカラーのものやデコレーションしてある印鑑よりもシンプルで素材の良さが感じられる印材で作成した方がより上品に仕上がりますよ。

下記のリンクから実際に自分で入力した内容で行書体ほか各種の書体の印影プレビューを無料で作ることができます。まずお試しになってみてはいかがでしょうか。