黒水牛染無芯持について | 4000種類以上の組み合わせから最適の1つを!

文字サイズ小さく元に戻す大きく
***
***
***

黒水牛染無芯持-天然植物系の美しい木目

印鑑素材として定番の水牛の黒い角の中でも最上級グレードにあたる、一般的には『染無』と呼ばれている部分を使用した印材です。他の黒水牛のように染める必要の無い高品質な部分で、高級感のある黒いツヤが魅力です。

お手入れはこまめに

ツヤのある黒が美しい水牛の角は貴重な材質で、その高級感から実印や銀行印に人気の印材です。高級感があるとはいっても一般的に価格の高い角・牙系の印材と比べればお求めやすい価格でもあり、定番の印材として知られています。
黒水牛は主成分はタンパク質であり乾燥に弱いという特徴を持っています。保管の際はケースに入れ、ときどきオリーブオイルなどを染み込ませた紙などで拭くことで長持ちさせることができます。
***

印材の頭部や側面に線が見えるのは不良品?

印材の頭部分にへこみや線のように見える部分がありますが、その部分が芯であり不良品ではございません(染無しのため染ありのものより芯が目立つことがあります。)。 また染め無しは染め加工を行っていない為、側面に水牛の繊維が見えるものもあります。
***

印材比較

※印材画像をクリックすると各印材のチャート図を表示・比較することができます。

***

「評価基準の詳細について」を表示

他の印材の詳細についてはこちらから

柘 薩摩本柘 黒檀 彩樺 黒彩樺 楓 アグニ オノオレカンバ 屋久杉 黒水牛上芯持 牛角色上芯持 牛角純白芯持 琥珀 マンモス 象牙上 象牙特上 象牙横目日輪 チタン 貴石・水晶系 いろどりはんこ

ページトップ ***

お問い合わせ サイトマップ
***
印鑑 ゴム印
ページトップへ
お気に入りに追加
ページトップへ 買い物カゴ