チタンについて | 4000種類以上の組み合わせから最適の1つを!

文字サイズ小さく元に戻す大きく
***
***
***

耐久性に優れた高品質な印材

チタンは強度に優れる一方で非常に軽量であるという特徴があります。また耐食性や耐熱性にも優れており、様々な分野で利用されています。インプラントや人工骨などの医療用、ピアスや指輪などのアクセサリーなどでもよく使われています。 印鑑に使われているチタンは99.6%のものがよく使われます。時折99.9%と表記されていますが、99.9%だと基本的に彫刻ができないほど堅いため、数値に関してはあまり気にされなくてもよいかと思われます。
無地だけでなく、印鑑の上側を示す「スワロフスキー」や「チタン球」付きも選べます。 ブラストチタンはつや消し加工のため、指紋なども付きにくいのが特徴です。

チタン印鑑の種類

チタン印鑑を選ぶ際に加工の種類を知っておきましょう。大きく「生」「ミラー」「ブラスト」の3つの加工方法にわけられます。 「生」はチタンそのもので特別な加工を施しておらず、安いチタン印鑑にはよくありますが、商品としてはあまりお勧め致しません。 「ミラー」の場合は鏡面加工をしたタイプになります、きれいですが指紋などが付きやすいという欠点があります。 最後の「ブラスト」はつや消しタイプになります。指紋が付きにくく一番お勧めです。
***

印材比較

※印材画像をクリックすると各印材のチャート図を表示・比較することができます。

***

「評価基準の詳細について」を表示

他の印材の詳細についてはこちらから

柘 薩摩本柘 黒檀 彩樺 黒彩樺 楓 アグニ オノオレカンバ 屋久杉 黒水牛上芯持 黒水牛染無芯持 黒水牛芯持丹入り 牛角色上芯持 牛角純白芯持 琥珀 象牙上 象牙特上 象牙横目日輪 粒界チタン カーボンチタン 貴石・水晶系 いろどりはんこ

ページトップ ***

インフォメーション

インフォメーション1 インフォメーション2 ***

ページトップ ***

お問い合わせ サイトマップ
***
ゴム印 シャチハタ
ページトップへ
お気に入りに追加
ページトップへ 買い物カゴ