三文判とは

「回文」と「中文」

同じ印影が二つ存在しては困るような実印や銀行印を作るときは、はんこ屋さんなどに注文してオーダーメードで作ってもらうのが普通ですが、これとは別にはんこ屋さんや100円ショップ、文房具店などでは既成品の安価なはんこが販売されています。これが俗に三文判と言われるもので、三文というのは江戸時代以前の通貨のことで、安物のたとえです。

三文判の用途は?

三文判は安価であるため、他の用途の印鑑でも三文判を流用する人は少なくありません。しかし三文判は大量生産の既成品であり、使い方に注意が必要です。

大場
大場

たとえば実印銀行印は窓口で印影を登録して同一性の証明に使う印鑑ですが、こういう用途の印鑑に大量生産品の三文判を使うのはセキュリティ的によろしくないです。サイズが合えば登録自体はできてしまうのですけどね。三文判は宅配便への受領印のような、いわゆる認印としての利用にとどめておいたほうが無難でしょう。